日本経済新聞社は2008年3月、日経金融新聞の次世代版となる 週刊の金融・投資情報紙「日経ヴェリタス」を創刊いたしました。
手にとって読みやすいタブロイド形式。最大の売り物は世界の金融最前線を 取材している専門記者による生きのいいニュース、そして深く掘り下げた分析記事です。
個人投資家、金融機関のプロ、企業の財務・年金担当者・・・・・
多くの市場参加者から「これがなければ一週間が始まらない」と頼りにされるような 質の高い情報発信を目指します。
資産運用を真剣にお考えの方にピッタリの情報紙です。
週末じっくりと
日経ヴェリタスは毎週末、ご自宅にお届けします。 日々のニュースから半歩離れ、じっくりと投資戦賂や 生活設計を考える。そんなリズムを大事に考えたからです。 深く掘り下げた読み物、グローバルな情報、一級の識者の相場観・・・。 合言葉は「プロの視点をあなたの視点に」です。
ネットと一体
紙面が週末に届くといっても、いわゆる週刊誌ではありません。 金融投資情報にとって「速さ」は命。 そこでネットと一体のハイブリッド商品にしました。 読者の皆様は自動的にID・パスワードをゲット、 ネットで読者眼定の最新情報にアクセスできます。
豊富なデータ
今、世の中には数多くの金融商品、サービスがあふれています。 選択肢は豊富ですが、数多くの商品の中からより安全で、 有利なモノを選ぶ「確かなモノサシ」はどこにあるでしょうか。 日経は専門記者の取材に加え、プロの声を集めたランキング、 格付けなど、さまざまな形で投資判断のモノサシを提供します。
ユーザー・フレンドリー
金融のプロにとっても必読の紙面を目指しますが、 同時に「わかりやすさ」も徹底的に追求します。例えば、相場表。 上場企業の銘柄をアイウエオ順で掲載、眼鏡で懸命に銘柄を探す、 そんな苦労から解放します。数表やデータを ふんだんにとりいれた、カラフルな紙面が登場します。
ヴェリタス=ラテン語で真理、普遜性のある道理、法則などを表すことば